社会課題と取り組むこと

次世代へ繋ぐ持続可能な農業を!

【 生産者から消費者への最適な流通をつくりだし、農と食の文化の発展に貢献する 】

日本の青果市場への出荷は、厳格に決められた形やサイズ・色で優劣を判断し、価格決定される流通の仕組みです。

また、どこの郊外にもある直売所・産直コーナーでは農家の高齢化が進み、農家が減って直売所の経営環境も悪化しているのと同時に、趣味の農業との間での価格競争がおこなわれ生業としている専業農家の収益確保が難しい。

様々な課題をかかえる日本の農業の未来を考えると、農家が独自の経営を確立しつつ自分(自社)のこだわりや規模、成長段階に適した流通をつくっていく事が必要です。また、すでに決まった販路がある農家でも複数の販路(選択肢)を持つことでリスク分散をしつつ収益を向上させ、経営の安定化をはかり、規模拡大による雇用や設備投資などの次の成長段階のために備えておくことも必要です

すべて自分でやる生産者はとても大変

自然環境や天気・災害を考慮しつつ美味しい野菜や果物を確実に作る生産活動、市場・相場を把握しつつ流通、価格、販路を考えるマーケティング活動、作ったものを売り切るための販売活動まで幅広いです。全てやっているとほんとに多忙です。本業の生産活動まで疎かになってしまう場合もあります。

意欲のある生産者がメーカーとして生産活動に専念でき、価格決定権を持ちつつ顧客の声を聞きながら流通できる仕組みが必要だと考えます。

そこで、生産者の経営規模・品目などの個々の生産者によって流通面の課題があり、生産の規模拡大をおこなっていくと特化した支援者(パートナー)の存在が必要です。特に生産者や商品のブランド化、販路拡大、マーケティングのノウハウを持つ事業者(計画する人・実践する人)が少ない。

JIMONOでは、関わる生産者1人ひとりと現状と経営課題、これからの方向性を共有させていただき、販路拡大・品目拡大・商品化など、二人三脚で新たな流通ルートを開拓し、「規模やこだわり」に応じた顧客との架け橋を担っています。

販売する量販店や飲食店としても、『こだわった野菜』『生産背景やトレサビリティがみえる売場』『季節・時流に適した野菜』が、他社との差別化や顧客を引き付ける優位性に繋がれば、自社・自店のファンが増えてくるのではないでしょうか

①味・品種の特徴 ②鮮度重視の流通 ③供給力 ④値ごろ感のある価格 ⑤生産者の考えていることや背景 をストーリーに落とし込み、顧客へ伝えます。

JIMONOでは、生産者と消費者が近い距離感で繋がる流通を創り出すことで、結果的に安定した生産者の経営基盤につながり、既存農家の将来性が見えることで新規就農者が増え、日本が抱える農業の様々な課題の解決に繋がると信じています